3年A組-今から皆さんは、人質です-
菅田将暉さんがゴールデン・プライム帯の民放連続ドラマで、発の単独主演を務めるドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」

高校を舞台に、担任教師とその教師により人質となった生徒29名の10日間を描く学園ミステリーです。

3年A組-今から皆さんは、人質です-ざっくりストーリー
卒業まで残り10日。

生徒たちはあとわずかな高校生活を穏やかに終えようとしていた。
そんな中、3年A組ではいつも通りホームルームが始まるが、急に担当教師の菅田将暉さん演じる柊が
「今から皆さんには人質になってもらいます」

と永野芽郁さん演じるさくらたち生徒に告げます。

柊の突然の宣言にさくらはあっけにとられ、生徒たちにはあざ笑うかのような笑いが起きます。

すると...教室の外から爆音が鳴り響き、状況は一変します。

そこで柊は残りの10日間で「最後の授業」を行うと宣言。

10日間というから1話が1日で進んでいくのでしょうか?
だとしたらアメリカの大人気ドラマ「24」みたいで楽しみですが(笑)

それでは気になる主題歌から順にご紹介していきたいますね。

この記事の要約
日曜22:00からのドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)

主題歌(オープニング・エンディング)や

挿入歌・サントラBGM音楽情報

スポンサーリンク

3年A組-今から皆さんは、人質です-の主題歌(テーマ曲)はザ・クロマニヨンズの「生きる」

ザ・クロマニヨンズのオフィシャルユーチューブチャンネルに曲がアップされていますね。

ザ・クロマニヨンズにとっては17枚目のシングルになります。

【早期購入特典あり】生きる(ジャケットステッカー付)

created by Rinker

相変わらずロックしていてカッコいいですね。
ちょっと狂ったように歌う(褒め言葉)が特徴的で好きです。

人質を取るドラマに対して「生きる」というタイトルにメッセージ性を感じますね!

このドラマも生きることに対するメッセージが込められているのでしょうか。

実際にドラマを見た人の反応です。

3年A組-今から皆さんは、人質です-の挿入歌は?

ドラマが始まる前の時点では挿入歌は明らかにされていませんね。

挿入歌として使用されるのは主題歌でもあるザ・クロマニヨンズの「生きる」だけの可能性もあります。

私の勝手な期待も含めると菅田将暉さんがゴールデン・プライム帯の民放連続ドラマで初の単独主演なんだから菅田将暉の新曲が挿入歌になる。

という淡い期待も持っています(笑)

私も実際にドラマを見ましたがクラシックの音楽が流れていましたね。

菅田将暉さんの演技に引き込まれて音楽を聞くの忘れそうでしたが(笑)

他にも実際にみた人の反応がこちら。

スポンサーリンク

3年A組-今から皆さんは、人質です-のサウンドトラック(BGM)は松本晃彦氏が担当

そして、気になる音楽ですが、「松本晃彦」さんが手がけることが決定しています。

ご自身のTwitterで発表されていますし、ドラマの公式サイトにも名前が載っています。

松本氏の手がけた曲を挙げていくと

  • サマーウォーズ
  • 踊る大捜査線シリーズ
  • 怪盗 山猫
  • レンタル救世主
  • 崖っぷちホテル

などが有名ですね。
アーティストにも楽曲提供をしており、

  • サザンオールスターズ
  • 織田裕二
  • 福山雅治
  • THE YELLOW MONKEY
  • Bluem of Youth

など幅広いジャンルで提供している確かな腕と信頼を持った人物ですね。

となると、ファンとしてはサウンドトラックのCDやダウンロード配信を行ってほしいところですが、今の所未定のようですね。

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事