※2018年10月11日更新(最終123名) 感動と興奮あり、筋書きのないドラマを今年も見せてくれた高校野球。
今年は大阪桐蔭が春夏連覇の偉業を成し遂げ幕をおろしましたが、数々のスターが誕生しました!

秋田の吉田投手は甲子園で特に注目を集めた選手であり、日本中が頑張って投げている姿に感動したのではないでしょうか?
そんな高校球児で結成されたU-18日本代表の海外遠征も終わり、残す注目のイベントと言えばこちらも数々のドラマを生んだ”ドラフト会議”ではないでしょうか。
私も球児だった時はドラフトにかからないか!?と志望届も出してないのにソワソワしてしまう季節がやってきたと思っております。

実はドラフト会議に指名される選手は勝手に指名を受けるのではなく、志望届を提出しないと指名されないことを知らない人が以外と多いんですね。
そこはサッカーなど他のプロ選手になる方法と違い、ドラフト会議が行われるプロ野球ならではの仕組みだと思います。

古くは清原巨人確実と思われていたところに桑田選手への指名や、江川選手の空白の一日、最近では清宮選手の複数指名など毎年、話題を集めるのがこのドラフト会議です。

そこで今回は2018年の提出期日は志望届を提出した高校生や大学生での注目選手を独自の視点でピックアップしてみました。

この記事の要約
2018年プロ野球志望届の提出期限 高校生で提出した選手と注目選手をピックアップ!

2018年プロ野球志願届の期日

2018年の提出期日は10月11日(木)が期日です。
冒頭でも触れましたが、プロ志望届を出さなかった選手は進学か一般企業への就職を希望していると見なされるため、ドラフトで指名されることはありません。
また当然ですが、提出届を出したとしても指名されないこともあります。

すでに志願届は8月22日(水)から受付をしており、早い選手だとその日に提出済みの選手も存在します。

実際には水面下ではスカウトマンや球団関係者、監督さんとの間に指名のご挨拶や何かしらのアクションがあるので、提出している選手は下位指名であっても指名されるケースが多いです。

なかには記念提出という選手も少なからず存在するので絶対ではありません。

では、2018年に提出している選手をご紹介します。 それが次になります。

2018年プロ野球志願届を提出した高校生

都道府県 学校名 氏 名 所属連盟受付日
神奈川 茅ヶ崎西浜 辻  翔也 8月22日
徳 島 阿 南 工 田神  翔 8月22日
徳 島 新  野 髙岡 玄地 8月22日
京 都 福知山成美 藤田 希和 8月23日
大 阪 大阪偕星 宇佐美 真太 8月23日
福 岡 筑陽学園 大畑 功士郎 8月23日
神奈川 相模田名 渡部 悠介 8月27日
愛 媛 宇和島東 上甲 凌大 8月28日
沖 縄 未来沖縄 宜保  翔 8月29日
山 梨 駿台甲府 荘司 宏太 8月31日
新 潟 北  越 阿部 裕二朗 9月3日
滋 賀 滋賀学園 宮城 滝太 9月3日
栃 木 青藍泰斗 益子 京右 9月4日
新 潟 日本文理 鈴木 裕太 9月4日
石 川 遊 学 館 牧野 翔矢 9月4日
福 岡 朝  倉 小江 光樹 9月4日
島 根 石見智翠館 靏   仁 9月5日
島 根 石見智翠館 水谷  瞬 9月5日
群 馬 新 田 暁 金子 知生 9月7日
千 葉 市立船橋 坂内 誠治 9月7日
富 山 高  朋 佐々木 愛輝 9月7日
愛 媛 松山聖陵 土居 豪人 9月7日
岡 山 創志学園 中山  瞬 9月7日
福 岡 折尾愛真 松井 義弥 9月8日
三 重 津田学園 上下 大地 9月8日
山 梨 山梨学院 垣越 建伸 9月10日
山 梨 山梨学院 星野 健太 9月10日
和歌山 智辯和歌山 林  晃汰 9月10日
東 京 関東第一 石橋 康太 9月10日
東 京 早稲田実 野村 大樹 9月10日
東 京 郁 文 館 大比良 知哉 9月11日
岐 阜 市岐阜商 中神 拓都 9月11日
徳 島 鳴門渦潮 服部  虎 9月11日
群 馬 尾  瀬 髙橋 優太 9月12日
岡 山 倉 敷 商 引地 秀一郎 9月12日
静 岡 湖  西 水野 喬日 9月12日
長 崎 佐世保工 野元 由翼 9月12日
埼 玉 花咲徳栄 野村 佑希 9月13日
千 葉 習 志 野 古谷 拓郎 9月13日
埼 玉 埼 玉 栄 米倉 貫太 9月13日
長 野 松商学園 直江 大輔 9月13日
愛 知 白石 祐人 9月13日
愛 知 栄  徳 野口 泰司 9月13日
岐 阜 岐阜第一 伊加利 夏生 9月13日
岐 阜 岐阜第一 平井 快青 9月13日
高 知 明徳義塾 市川 悠太 9月13日
群 馬 健大高崎 山下 航汰 9月14日
千 葉 八千代松陰 清宮 虎多朗 9月14日
東 京 日大鶴ヶ丘 勝又 温史 9月14日
新 潟 中  越 坂井 翔太 9月14日
滋 賀 近  江 山田 竜明 9月14日
山 口 下関国際 鶴田 克樹 9月14日
沖 縄 宜 野 湾 國仲 祐太 9月14日
神奈川 武  相 カレオン ジョニル マラリ 9月18日 
富 山 魚 津 工 酒井 啓佑 9月18日
大 分 柳 ヶ 浦 上間 永遠 9月18日
大 分 柳 ヶ 浦 中園 大樹 9月18日
大 分 柳 ヶ 浦 松田 政大 9月18日
茨 城 土浦日大 中村 泰成 9月19日
神奈川 藤嶺藤沢 矢澤 宏太 9月19日
長 崎 創 成 館 川原  陸 9月19日
宮 崎 延岡学園 小幡 竜平 9月19日
和歌山 箕  島 田川 涼太 9月20日
大 阪 汎  愛 羽田野 温生 9月20日
兵 庫 相生学院 村上 泰士 9月20日
沖 縄 中 部 商 知念 侑輝 9月20日
茨 城 明秀日立 細川 拓哉 9月21日
茨 城 明秀日立 増田  陸 9月21日
愛 知 豊 田 工 横田 龍也 9月21日
三 重 紀  南 横辻  海 9月21日
大 分 明  豊 濱田 太貴 9月21日
愛 知 豊 田 工 横田 龍也 9月21日
三 重 菰  野 田中 法彦 9月21日
熊 本 秀 岳 館 上原 敦己 9月21日
神奈川 茅ヶ崎西浜 辻  翔也 8月22日
鹿児島 神村学園 角  颯真 9月22日
鹿児島 神村学園 羽月 隆太郎 9月22日
奈 良 天  理 太田  椋 9月23日
北海道 旭 川 大 沼田 翔平 9月25日
鹿児島 鹿児島城西 宮脇  廉 9月25日
秋 田 明  桜 山口 航輝 9月26日
兵 庫 神戸国際大付 石川  翔 9月26日
岡 山 関  西 糸賀 海翔 9月27日
福 岡 福岡工大城東 上村 晟翔 9月28日
千 葉 成  田 田宮 裕涼 9月29日
静 岡 オイスカ 蘇  珀漢 10月1日
埼 玉 桶 川 西 松岡 洸希 10月2日
北海道 北  海 大窪 士夢 10月3日
山 形 山形中央 佐藤 智輝 10月3日
岐 阜 麗澤瑞浪 井野 海翔 10月3日
京 都 京都国際 池田 将也 10月3日
兵 庫 報徳学園 小園 海斗 10月3日
群 馬 前 橋 西 高瀬 蒼汰 10月4日
埼 玉 浦和学院 渡邉 勇太朗 10月4日
東 京 堀  越 宮野 結希 10月4日
静 岡 浜松開誠館 宮下  凌 10月4日
大 阪 大阪桐蔭 柿木  蓮 10月4日
大 阪 大阪桐蔭 根尾  昂 10月4日
大 阪 大阪桐蔭 藤原 恭大 10月4日
大 阪 大阪桐蔭 横川  凱 10月4日
福 岡 西日本短大付 中村 宜聖 10月4日
山 梨 東海大甲府 濱 将乃介 10月4日
岩 手 盛 岡 三 西舘 洸希 10月5日
茨 城 水戸葵陵 川崎 皇翔 10月5日
東 京 四  商 松山 真之 10月5日
新 潟 開志学園 岩渕 夏夢 10月6日
福 井 敦賀気比 黒田 響生 10月6日
鹿児島 神村学園 渡邉  陸 10月6日
広 島 瀬 戸 内 新保 利於 10月9日
徳 島 板  野 安藝 龍馬 10月9日
高 知 高知中央 岡本 布武希 10月9日
長 野 ウェルネス筑北 赤羽 由紘 10月9日
秋 田 金 足 農 吉田 輝星 10月10日
千 葉 横芝敬愛 行木  俊 10月10日
長 野 地球環境 髙井 ジュリウス 10月10日
長 野 松本国際 小林 翔太 10月10日
新 潟 加茂暁星 竹林 楓也 10月10日
千 葉 館山総合 相川 亮太 10月11日

※提出順です。上甲選手はプロ志望届の提出を取り下げ(10月10日)
そして気になる注目選手が次になります。

スポンサーリンク

2018年プロ野球志願届を提出した高校生注目選手

そこで気になるのが注目選手ですね。ドラフト上位指名がありそうな選手を数名ご紹介します。

野村大樹内野手(早稲田実業学校)

野村大樹内野手(早実)

やはりドラフト上位で指名がありそうなのは現北海道日本ハムファイターズに所属する清宮選手の1学年下でクリーンナップをつとめ、高校通算68本塁打を記録した野村選手ですね。
2年春に清宮とともにセンバツ出場し、身長は小柄ではありますが、172センチ・81キロ右投げ右打ちでパンチ力のある打撃が魅力です。
今は右投げでも左打ちが多い野球会で魅力的な和製の右大砲!
大学に進学するのでは!?と私は勝手に思っていたので意外でしたが本人がそれだけ先輩の背中を見て決断したのでしょう。

松井義弥内野手(折尾愛真高校)

福岡のゴジラ

こちらは「福岡のゴジラ」こと折尾愛真高校の松井選手。名前も松井ですし、ポジションもサード(兼投手)であり、右投げ左打ちで191センチ、88キロの大型スラッガー。高校では40本塁打を記録しています。

地名+ニックネームなどが量産されている現代ですが、(〇〇のダルビッシュや、△△のイチローという名前は聞き飽きましたし、本人も喜んでいないはず!?)こちらはなんとなくスケールが似ています!

野村佑希外野手兼投手(花咲徳栄高校)

野村 佑希選手
こちらは2年生から強豪花咲徳栄高校の4番を任せれており通算58本塁打。
投げては146kmを計測と2刀流で活躍しました。
プロ入り後は野手に専念する方向。

渡辺勇太朗投手(浦和学院高等高校)

渡辺勇太朗(浦和学院)
190cmの長身から繰り出される角度のあるMAX149kmの直球が武器の右腕。
今夏の甲子園で浦和学院の8強入りに大きく貢献しU18日本代表にも選出されています。
甲子園で高校初完封を遂げるなど大舞台にも強い投手でまだまだ成長が見込める潜在能力の高い投手としてスカウト評価を受けています。

根尾昴内野手兼投手(大阪桐蔭高校)

根尾昴(大阪桐蔭高校)
投手としてはMAX150km、野手としては今夏の甲子園で3本のホームランを放つ2刀流選手も志望届を提出。
12球団どこでも行くと本人も言っているのでドラフト1位で消える選手です。

藤原恭大外野手(大阪桐蔭高校)

藤原恭大(大阪桐蔭高校)
藤原選手は大阪桐蔭の4番に座った今夏は走攻守で甲子園を沸かせました。
打率4割6分2厘、3本塁打、11打点のと好成績を残した外野手。
こちらもドラフト1位が予想されます。

春夏連覇を果たした大阪桐蔭高校からは二刀流の根尾選手や藤原選手、柿木選手、横川選手が志望届を提出しました。
中川選手は早稲田へ進学かもしれませんね。
これまでの1チームからの複数指名は高校では4名が最多なのでタイ記録に並ぶかも注目です。

吉田輝星投手(金足農業高校)

吉田 輝星(金足農業高校)
今夏甲子園準優勝投手であり、甲子園を一番沸かせたスター性抜群の選手が志望届を提出しました。
もはや吉田投手に関しては説明不要でしょう。
大学への進路か悩んでいたようですが、プロ入りを決意!

本人はプロ入りをすぐに表明したかったのでしょうが、10月10日まで延びたのは大学と高校のつながりなど大人の事情が見え隠れしますね。

ちょっと調子乗りな感もありますが、伸び伸びとプレーできる球団だと名前の通り輝けそうな逸材です。

5球団指名もあるかも!?という噂ですが、駆け引き段階なので実際には2〜3球団が競合するかと予想です。

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事