韓国で大人気のヒップホップグループであるBTS(防弾少年団)が着用していたTシャツが話題に!

デザイナーのイ・グァンジェとは

イ・グァンジェさんですが、調べたところ

  • 韓国語表記では이광재
  • 日本語表記では李光宰
  • 英語表記ではLee Kwang-jae

と書くみたいですね。
韓国では多い名前なのでしょうか。複数の人が検索にかかってきました。
LJカンパニーという会社の代表をしている人ですから少なくともそれなりの発信力のある人だということが分かります。

謝罪コメントを出していますのでまずはそちらをご確認下さい。

BTSがミュージックステーション出演中止になったことについて
「昨日この事実を知ってとても慌てた。反日感情を助長する意図はありませんでしたが、BTSに申し訳ない」と謝罪した。

イ・グァンジェさんはBTSに対して誤っているだけで今回の誤解を生むようなデザインや日本に対して誤っているわけではありません。

ではデザインの意味はどういうことなのでしょうか?
それが次になります。

原爆Tシャツロゴの意味

原爆Tシャツのデザイン
さて、気になるTシャツの制作意図をデザイナーのイ・グァンジェさんが説明していましたので紹介します。
まずロゴですが、

  • LIBERATION(解放)
  • OUR HISTORY(私たちの歴史)
  • PATORIOTISM(愛国心)

と書かれています。
原爆の写真が私たちの歴史!?というとまるで韓国が日本に原爆を投下した間違った印象を与えかねないですし、韓国が原爆により日本が敗戦したことを解放につながったと祝福している!?とも捉えられかねない気がしますが...

気になる反日につなげようとしていたのかどうなのか!?という点ですが、
反日感情と日本の報復のために作成されたデザインではなかった
と語っています。

意図としては若い人に歴史に興味を持ってもらえるのではないか。という意図で制作されたみたいです。

ただなぜ原爆のイメージなのか私には納得できませんでしたし、歴史に興味をもらいたいならそれこそ韓国の事をデザインにすればいいやん!
って思ってしまいます。

スポンサーリンク

原爆のイメージの意図は

一番気になる原爆のイメージを使った部分については日本を嘲笑するために入れたものではない。
原爆が投下され、日本の無条件降伏により韓国が開放されたという歴史的な事実との順序を表現するためのもの。

という説明をされています。

あなたならどう思いますか?
私個人的には説明というか苦しすぎる言い訳にしか聞こえてこないです。

韓国の音楽を日本に持ち込むことは自由ですが、反日感情や国の問題を音楽というエンターテインメントの舞台に持ち込んでくるなよ!
って気持ちです。

今回のことでBTSは民放の音楽番組はもちろん、年内の紅白も出場が危ぶまれる状況に追い込まれましたね...

流石に民放ではスポンサーも嫌うでしょうからね。

個人的には音楽は良いと思っているので、音楽だけで評価をしたいし聞きたいですね。

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事