プロ野球観戦の楽しみの一つでもある始球式。
時には芸能人を始めTVでも有名な方が始球式に登場しなんだか得した気分になることも!

また最近ではアイドルが始球式に出る際は『ノーバン(ノーバウンド)』と『ノーパン』をわざと間違って読ませて記事に誘導する釣りタイトルも多くなりましたね(笑)

時に子供や60歳を超えたお偉い方も登場する始球式なので、ちゃんとノーバウンドで届くかどうか見届けて、届いた際には大きな声援が送られるのがホッコリして良かったのですが、違った意味で捉えられつつありますね。

また、一番会場を湧かせるのがスピードが思った以上に出ていた時やストライクがきれいに入った時です。

この際には会場全体から『おぉ〜!』と湧くのが始球式の魅力の一つでもあります。

そこで今回はスピードランキングは誰なのか?
気になったので調査しました。

この記事の要約
始球式スピードランキングは?(元プロ除く)
名前とスピードを紹介【動画あり】

芸能界始球式スピードランキング

第1位:樽美酒研二135キロ

2018年6月27日メットライフドームで行われた西武対オリックス戦にて。

堂々の第一位に輝いたのはゴールデンボンバーのパフォーマー樽美酒研二(ダルビッシュけんじ)さん!
流石に『ダルビッシュ』の看板を背負っているだけあって最速王に輝きました!
おめでとうございます。
その際の映像がこちら。(投球シーンは2:15あたりから)

さすが元高校球児。高校を野球推薦で行っただけありますね。
ボールは大きく上にそれてしまっていますが、最速を記録!
次は140キロを目指すそうですから、次回もどこかで始球式を行ってほしいですね。
(140キロとスピードだけで言えばプロレベルですよね、すごい!)

第2位:関口メンディー133キロ

2018年6月5日東京ドームで行われた巨人対楽天戦にて(セパ交流戦)
こちらはEXILE、GENERATIONSのパフォーマー・関口メンディーさん。
関口メンディー始球式
この写真だけ見ると完全に『巨人の助っ人外国人』ですね(笑)

緊急登板で1イニングだけならなんとか?なりそうな気がするのは私だけでしょうか?

こちらも高校球児だっただけあります。
ポジションはキャッチャーだったみたいでさすがの強肩を活かした投球ですね。

番外編:室伏広治131キロ

こちらが私の中では一番の衝撃映像でした!
映像を見ていただくと凄さがよくわかります。
(始球式は0:38あたりから)

思いっきり棒投げというか本来の野球とはかけ離れた投球フォームなのに130キロ超え!!!

しかもど真ん中のストライク!!

これがもし少しでも投球フォームを教えて投げていたら140キロどころか150キロも夢ではないのでは?
と思いました。

そして何よりも驚くのが初速と終速の違いが殆どないのでは?と思うくらいに素晴らしい球筋!

さすが筋肉番付でも別格扱いで番組にならなかっただけの規格外な人です!
もう憧れですよ。

そして、最後に始球式で話題となった稲村亜美さんを紹介

スポンサーリンク

稲村亜美の神投球フォーム

神スイングで話題だったのに神投球フォームも披露!?

女性で100キロ超えるのはすごいですね。
私も始球式やってみたい。。。

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事