貴乃花親方の引退により貴乃花部屋所属力士や行事の所属先となりそうな「千賀ノ浦部屋」。

貴乃花親方の引退は残念ですが、お疲れ様でした。と言いたいです。
ただ、相撲協会は正式には”退職届”の提出が必要だということで受理されていないようです。

これがもし貴乃花親方の引退を相撲協会が説得し貴乃花部屋を存続させたい方針ならすごく気持ちは嬉しいですが、逆だったら完全に言っていることは退職届に不備があるから1ヶ月前申請の退職は受理できない。という理由で退職を引き伸ばすブラック企業と体質は同じです。

相撲協会に関してはこれ以上書いてしまうとただの個人的な悪口になってしまいますので置いといて…
今回は貴乃花親方が安心して弟子たちを任せられると絶大な信頼のある千賀ノ浦部屋について調査しました。

この記事の要約
千賀ノ浦部屋について紹介
・現千賀ノ浦親方(元隆三杉)の画像や
・千賀ノ浦部屋所属力士に
・千賀ノ浦部屋の女将さんは?
・SNS情報! 
TwitterやFacebookにブログも!

現千賀ノ浦親方(元隆三杉)の画像や所属力士

千賀ノ浦部屋ですが、先代の19代親方が定年退職の際に当時貴乃花部屋の部屋付き親方であった15代常盤山(元小結・隆三杉)が後を継ぎ20代千賀ノ浦親方として千賀ノ浦部屋を運営しております。

貴乃花部屋の元となる、二所ノ関一門の二子山部屋だった時からお互い知った仲ですので貴乃花親方が今回安心して弟子を任せたことも納得できますし、形は違えど父の貴ノ花からの教えを受け継いでいるのが現千賀ノ浦親方です。

そんな千賀ノ浦親方の画像を紹介。
千賀ノ浦部屋紹介

どんどん紹介しますよ。
千賀ノ浦親方

こちらは先代19代親方から受け継いだ際の記念すべき瞬間を捉えた画像です。
千賀ノ浦親方の引き継ぎ

はい、基本にっこり笑顔なんですが、笑顔が苦手なのでしょうか(笑)
この愛嬌のある憎めない姿からも想像できるように優しい人のようです。
だってニックネームが丸っこい見た目そのまま「ドラえもん」ですからね(笑)

実はめちゃめちゃ歌がうまくレコーディングをしていたり、自身が引退される際には歌声も披露されています。
宴会部長タイプなのでしょうか♪

そんな千賀ノ浦親方に所属する力士は

  • 舛乃山 大晴(前4・千葉)
  • 隆の勝 伸明(前14・千葉)
  • 栃の山 博士
  • 舛田山 靖仁
  • 舛東欧 旭
  • 鰤の里 強志
  • 舛ノ湖 大明
  • 舛名大 周一

となります。
そこに貴乃花部屋所属の

  • 貴景勝 光信(小結・兵庫)
  • 貴源治 賢(十2・栃木)
  • 貴ノ岩 義司(前2・モンゴル)
  • 貴健斗 輝虎(十14・栃木)
  • 貴公俊 剛
  • 貴天秀 哉太
  • 貴大将 柊斗
  • 高正樹 正輔

これだけの力士が所属することになりますから益々活気づく部屋になりそうですね♪
そんな千賀ノ浦部屋を支える女将さんってどんな人なんでしょうか?
それが次になります。

千賀ノ浦部屋の女将さんってどんな人?

女将さんという方ですから、千賀ノ浦親方の奥様ということになります。
Twitterでも登場されていますね。

名前などの情報も出てきていないことから元芸能人とかそういう人ではなく、完全に裏方に徹して親方をはじめ弟子たちを支えているお母さんでもあることが分かり個人的にはとても好感が持てました♪

それにしてもTwitterの写真は親方と女将さんが似ていると思ったのは私だけでしょうか?
夫婦は似てくるとは言いますが本当かもって思ってしまう画像です(笑)

そんな千賀ノ浦部屋の最新情報はSNSなどでチェックですよ!
それが次になります。

スポンサーリンク

千賀ノ浦部屋Twitter/Facebook/ブログを紹介

まずは千賀ノ浦部屋のTwitterがこちらです。
固定されたツイートはこんな感じです。


お弟子さんを募集中なようなので興味のある方はこの機会に検討してみては?
さらにFacebookはこちらです。

最新の投稿でもTwitterと同じ情報をアップされていました。
ヘッダ画像は先代の親方も写っている写真がアップされており部屋の仲の良さが伝わってきます。

またブログは千賀ノ浦部屋公認ブログとして存在しますが最終更新が2015年で止まっているアメブロですので先代の時に力士の結果をお伝えする場所としての存在だったようです。
現在はその役目をTwitterが担っています。

また、千賀ノ浦部屋の顔でもあるホームページはchiganoura.netでしたが9月26日時点ではエラーとなっており、見ることが出来ません。
貴乃花部屋の力士たちを迎え入れるにあたり作り直しているのでしょうか?

新しい千賀ノ浦部屋の出発が幸先のよいものになりますように♪

貴乃花親方の今後が気になりますね。

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事