2018年9月22日(土)〜24日(月)の3日間は滋賀県でイナズマロックフェス2018が開催!
初めていく人も常連さんも気になるのが手荷物ですよね。

地元の人や、中にはお気に入りのバンドを目当てに遠方から駆けつける人も少なくないのではないでしょうか?
剛君(KinKi Kids)も駆けつけますし、発起人の西川貴教さん(TMRevolution)の人脈の凄さが分かります。
また今年で節目の10年目ということでコツコツ続けることの大事さを個人的には感じました。

今回は初めての方向けの情報をお届け!
一番気になる手荷物等を預ける場所はあるのか?
オススメの所持品とクロークに関しての内容となります。

イナズマロックフェス2018クローク(荷物置き場)料金

まず、気になる料金ですがクローク利用料金は500円となります。
まぁまぁ良心的な値段ですね。
キャリーバッグで参戦する人やリュックが大きくて困る。
フェス中はハシャギたいので大きな荷物は預けたい。
という人には便利かと思います。

最大の注意点を挙げるとすれば「何回も出し入れが出来ない点」です。

クロークに預けていた荷物から1点だけ取り出したいという時もクロークから引き上げる。ということになりますので
再度預ける時は料金がかかってしまいます。

また、クロークは数に限りがあります。
参戦する日程にもよりますが、遅くとも午後には埋まっている確率が高いのでクローク利用を考えている人は午前中に着けるようにしましょう。
それが難しいなら、なるべく持ってくる荷物を少なくするか、後にも紹介する「ウエストポーチ」を持っていく。または会場で売っている「ビニールバッグ」を購入し、水分など現地調達するものはこの中に入れてしまう。という手もあります。
イナズマロックフェスビニールバッグ
※画像は2014年のもの。

では気になるクロークの場所ですが、それが次になります。

イナズマロックフェス2018クローク(荷物置き場)場所

エントランスゲート箇所の片隅にクロークがあります。 たしかに場所を離れてクローク設置しないと大変なことになりますよね。
荷物はできるだけ預けてしまって身軽な状態でエリア内を楽しむのがオススメ!

逆にグッズを購入する予定がある人は一通りお目当てのグッズを購入してからクロークに預けるのが賢い利用方法だと思います。
イナズマロックフェス2018クローク
会場エリア方面に向かって中に入ってしまうとクロークとは逆の方向になりますので、シャトルバスを降りて歩道を歩いていき駐輪場へ向かうイメージを持っていただくと間違いないと思います。

ただ、クロークには数に限りがあるため利用できないケースも考えた荷物にするのがオススメです。
それが次になります。

スポンサーリンク

イナズマロックフェス2018クローク(荷物置き場)を利用しないオススメ所持品

フェスの楽しみ方にもよりますが、出来る限り荷物は少なく済ませたいもの。
そこで活躍するのが冒頭でもお伝えしたウエストポーチまたはボディーバッグです。
男性なら下記のようなイメージ

女性なら下記のイメージ。

これがあると会場内の移動がかなり便利ですよ♪
他にも忘れ物チェックと合わせてオススメ持ち物を紹介しますね♪

  • チケット
  • 現金(カード以外)
  • スポーツタオルやイベントタオル(汗を拭く)
  • 汗ふきシート
  • ティッシュ
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • ビニール袋(ゴミ袋代わり)

上記は必須ですだと思います。
特に朝から行かれる方は日焼けに注意!
9月はまだまだ紫外線が多いので女性だけでなく男性もUV対策は必要です。アトのケアも忘れずに。

さらにあると良いモノとして

  • 扇子やうちわ
  • 着替え用のTシャツ

があるとなお良いと思います。

また、フェス中は思っている以上に汗をかくのでこまめな水分補給をお忘れなく!
それでは思いっきり楽しんでください♪

イナズマロックフェス晴天祈願

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事