キングコングの西野亮廣さんが自身のブログで「3億円の借金を抱える」と明らかにして大炎上中しました!

借金の内容としては石原さとみさんの彼氏としても話題の前田社長の会社SHOWROOM内での企画。

この企画内で西野亮廣さんが手がけた絵本『えんとつ町のプペル』の世界観をテーマにした美術館を建設する話が持ち上がり、その費用である3億円を勢いで借金して作ってしまったというのがきっかけ!

さすが、お金の奴隷解放宣言。をしている西野さんはやること、スケールが違います。

話だけ聞くと炎上する理由が無い様にも見えますが、どうして炎上してしまったのか?
理由が次になります。

キンコン西野が3億円借金で炎上の理由

いっけん、自費で借金をしてまで地元へ美術館を建設するなんてイイ話のようですよね!?

それなのになぜ炎上してしまったのか?

それは、一人ではとうてい3億円の借金を返せないから世の中の人に募金をお願いしています。いや、正確に言うと『なんとかしろ!ブログは絶対にシェアしろや!』という人にお願いする態度とは到底思えない上から目線での言い方が炎上の理由です!

そして、今年に起こった「はれのひ」事件で当日振り袖を着れなかった新成人に成人式を自分のお金でプレゼントしたんだから、いつも他人に還元しているんだから俺に還元しろ!と言うから拍車をかえて大炎上!

私はここまで狙って炎上をできる西野さんのマーケティング能力は相当なものがあると思いますし、良くも悪くも言動が注目されるということは立派なインフルエンサーでもあります。

世の中を動かす力を持っているということにただただビックリしますし、頭が相当良いんだなと感心しています。

そんな西野さん、貯金がないことを公言していますが、年収や資産はいくらなのでしょうか?
それが次になります。

キンコン西野さんの年収や資産は?

西野亮廣
ちなみに西野さんの直近で有名な言動と収入ですと、

  • ・クラウドファンディングで4637万3152円集める。
  • ・えんとつ町のプペルが1000万円で売れる。

というものがあります。もちろんそれ以外に吉本興業からのギャラも入ってきますので最低でもそれだけで月100万以上はありますから、年収で3,000万円はかたいんじゃないかと思われます。
いや、もっと多い可能性が高いですね。

そして貯金額ですが、2017年12月3日深夜放送の「EXD44」(テレビ朝日系)では西野さんはバカリズムさんからの質問に間髪入れずに貯金が1億弱はあることを発言しています!!

去年の年末ですから、実際に西野さんが貯金0円というのは怪しい気がします。

だって、本当に貯金が無かったら建設費の3億円の借金はできないと思います。

番組が出したかもしれませんが、普通に個人が銀行などの借りようとして審査されると貯金0円はないですもんね。

西野さんは真っ直ぐな人だと思いますので、本当に貯金が0円だとしても資産があります。

そうです、西野さんが本当に頭いいと思ったのがこの資産という点!

美術館は確かに3億円の借金となりますが、同時に西野さんには3億円に当たる美術館という資産を手にすることになるんです。

言ってみたら不動産投資です。西野さんはこの美術館をテーマパークにする!と言っているのでお金を生み出す資産を手にすることになります。

それを炎上手法でただでテーマパークの宣伝を行い、あわよくば借金を少しでも減らそうとする西野さんは本当に頭が良いと言うかキレものだと私は思います。

周りにSHOWROOMの前田社長やホリエモンといった凄腕経営者と普段絡んでるので、こういった視点が養われているんでしょうね。

私はここまで炎上している時点で企画としては成功していると思います。

スポンサーリンク

キンコン西野さんの3億円返済方法は?

先程もちらっと触れたように、3億円の返済方法として

  • 募金による返済
  • 募金が満額集まらなくても美術館の入場料
  • 美術館関連のグッズ販売料
  • 館内のテナント料
  • 館内のスポンサー(広告料)

などなど、いくらでも考えられます。
きっと西野さんの事ですから美術館の入場料は無料にすると思いますが、それ以外にもいくらでも返済方法があると思います

その事から西野さんは最悪のリスクも考えた上で今回の借金3億円の炎上を行っているでしょう。
まずは募金がどこまで集まるのか見ものですね。

実際に振り込んだ人の名前や金額も公表されると公平性がありますが、結果発表の方法も気になりますよね。

もう気になっている時点で西野さんの手中にいる事になってしまいますが、お金の概念を本当に変えてくれる行動ですし、信用や自分の面白い、楽しいと思ったことをやっていると未来のお金は集まってくるという良い見本だとも思います。

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事