ブログを記載したらGoogleにいち早くインデックスしてほしいのは世のブロガー、アフィリエイターさん含め共通の想いではないでしょうか。

そんな時に何より役立つのがGoogle自らが提供しているSearch Console

Search ConsoleでのFetch as google
※以前の管理画面によるFetch as Google

 

ただ、Googleさんがしきりに新しいバージョンに移行してほしいと催促してきますよね。

新しいSearch Consoleへの移行

 

 

このどちらかをクリックしたら新しいSearch Consoleに切り替わります

新しいSearch Console

ここで焦った方も多いハズ!
そうなんです。

クロール>Fetch as Googleがどこにも見当たらない!!

そして、新しい記事を書いたら毎回「以前のバージョンに戻す」をクリックしてFetch as Googleをしていたのではないでしょうか。

私も当初は以前のバージョンに戻してインデックスのリクエストを行っていました。

実は新しいSearch ConsoleでもFetch as Googleと同じ機能が備わっていることが分かりましたので共有です。

新しいSearch ConsoleでFetch as Googleを行う方法

方法はとても簡単!
画面上中央にあるすべてのURLを検査にご自身が新しく書いたURLを入力し検索をかけます。
新しいSearch ConsoleでのFetch as Google Step1

https://hogehoge.jp/pagehogeという記事URLだったら
https://hogehoge.jp/pagehogeを検査します。

以前のFetch as Googleではあなたのドメインのスラッシュ以降(例:pagehoge)でしたが
新しいFetch as Googleではドメインを含んでスラッシュ以降(例:https://hogehoge.jp/pagehoge)となりますのでご注意下さい。

以前と違うので注意!
◎https://hogehoge.jp/pagehoge
☓pagehoge

インデックスされている場合は以降、何もする必要がありません。

URLがGoogleに登録されていません。
と表示された場合はインデックス登録をリクエスト」をクリックします。

新しいSearch ConsoleでFetch as Google Step2

 

クリックするとしばらく読み込みの時間となります。
だいたい1〜2分くらいかかります。

 

新しいSearch ConsoleでのFetch as Googleリクエスト中

 

読み込みが終わったらインデックス登録をリクエスト済みになったことがアナウンスされます。

 

新しいSearch ConsoleでのFetch as Googleが終了した画面

お疲れ様でした。
たったこれだけです。

せっかく気持ちを込めて書いた記事ですから一刻も早くインデックスされたいはずですので、是非新しいSearch ConsoleでもFetch as Googleをお忘れなく♪

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事