福岡で明太子専門店は多いのですが、漬物の中でもぬか床を専門にしている店は多くありません。
しかし、そんな中でも福岡に住んでいる方には有名なお店「千束」(ちづかと読みます)
がテレビ東京系列のニッポン行きたい人応援団
でも紹介して食べてみたいと思った方は多いのでは無いでしょうか?

TVで放映された直後には一時サイトがアクセス過多でダウンしてしまったようです。

千束のぬか床を見たネットの反応

みなさん、食べたくなったという人が多いようですね。
そしてお母さんのお肌にも注目が集まっているみたいです。
昔からぬか床を毎日扱っているお母さんの手はお肌がつるつるとはいいますが、この千束の店主もそうとうお肌が綺麗でした。

そんな千束の独断と偏見でおすすめランキングをしたいと思います。

昼のランチ 1,000円(税込)

なんと言っても一番のオススメは店舗で味わえるお昼のランチです。
基本的にはぬか漬のお漬物と小鉢数点にぬか床で炊いたお魚もしくはお肉の定食のみの2メニューとなっています。

個人的にはお魚がおすすめです。
ぬか床で炊いたお魚(私の時はサバ)が骨まで噛めるくらい柔らかくとても美味しいです!

千束オリジナル陶器

2位からが通販ものですみません。
半永久的に使用でき、野菜も横に寝かせて漬ける事ができます(きゅうりだと2~3本くらい入ります)。冷蔵庫の野菜室にも収まりやすい形態です。
との紹介です。

実は千束ではぬか床専門料理屋ですが、実はメニューもシンプル。
ランチと夕食でのメニューは基本的に同じです。
夕食ではお酒もいただけます。

紹介しているうちにお店に行きたくなってきました。

番外編 おうすの里

ぬか床で漬物に興味をもった方は個人的に梅がお好きであれば、
このおうすの里もおすすめです。

京都にあるお店ですが、梅を使ったぬか床の様な漬物をつけることができます。
京に咲く梅 おうすの里 祇園本店

自宅で漬けていますが、ビールのつまみにぴったりです。

お試しあれ。

千束は土日お休みなので要注意です。

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事