博多華丸(47)の次女、岡崎百々子(15)が所属していた「さくら学院」が24日、東京・中野サンプラザで卒業公演を行いました。

さくら学園のコンセプトが面白いですよね。

小中学生からなる成長期限定アイドルであり、卒業する際は“義務教育”と言うんですね。
そしてファンの方を“父兄”を呼ぶそうです。

色んなカタチのアイドルがあるんですね。
正直、ニュースを見るまで知りませんでした。

そこで今回は華丸の次女であり岡崎百々子さんの留学先予想をしてみました。

この記事を読んで得られる知識
岡崎百々子さんが留学の予定先候補
英語やミュージカル、歌を学ぶ上で留学先

岡崎百々子さんの留学先は?

現時点では留学先は明かされていませんが(決まっていない?)ご本人は「英語力」を磨く目的で留学されます。
さらにミュージカルや歌のレッスンが受けられることが留学先の条件です。

結論としてはイギリスのロンドンもしくはアメリカのニューヨークだと思われます。
理由としては、親が華丸さんであることから金銭面に関しての条件はないと予想できますので、本格的に学べる場所、治安の良い場所として安心ができる都市に留学させたい。
というのが親心でしょう。

結論を導き出した根拠が次になります。

英語やミュージカル、歌が上達する留学先は?

まず、英語力を磨く場所として本場のイギリスまたはアメリカが候補となります。

イギリス留学のメリット

まず、英語力に関してですが、イギリスが英語の本場ですので当然”キレイな世界基準の英語”が身につく場所と言えます。
ビジネスや世界基準で使える英語ならイギリスに行けば間違いありません。
ちなみに英語を学ぶ環境で日本に人気のあるカナダやオーストラリアはあくまでも訛りのある英語です。
日本語でも関西弁や博多弁など地域によって違いますよね。
それと同じです。

ミュージカルや歌を習う上でもメリットがあります。
イギリスは世界の2大ミュージカル大国の1つです。(もう1つが後述のアメリカ)
イギリスミュージカルの聖地と呼ばれているウェストエンド(ロンドン)という地域では多くのミュージカル劇場やミュージカルスクールが集中しています。
そして、ミュージカルなのでアメリカ発音でのレッスンも受けられるコースがあります。
ミュージカル留学先
「ミュージカル留学」というミュージカルを習いながら本場の英語も同時に覚えられるスクールがあります。
ミュージカル留学のメリットは口を動かす機会が断然に多い点です。
通常の語学留学では座学中心で聞くこと覚えることが中心の留学とは違い、ミュージカルを習いながらなのでセリフや実際に使っている日常会話が多く、感覚的に英会話力が上がっていくのがメリットと言えます。

イギリス留学の費用ですが、ミュージカル留学(スクール)の場合、1年間で14,900ポンドのコースなどがあります。
1ポンドは日本円で約150円ですから約220万になります。

アメリカ留学のメリット

先程挙げたイギリスと並びアメリカが世界の2大ミュージカル大国の1つです。
特にブロードウェイ・ミュージカルと呼ばれるくらいミュージカル=ニューヨークを連想する方も多く、ミュージカルで成功したい!という方が集まってくる場所がアメリカのニューヨークです。

ニューヨークに留学するメリットと言えば今やスタンダードと言われるアメリカ英語が学べるのはもちろんのこと、数多くのスクールが存在し、有名な先生、多くのミュージカルスターを生み出した学校で学べることがメリットです。
そして、常にニューヨークではミュージカルのオーディションがありますので卒業後の就職(ミュージカルの団員になる)チャンスが多くあるのがメリットです。
また、生徒も意欲の高い方が必然と集まるので切磋琢磨出来る環境があると言えるでしょう。

ニューヨークは生活するにも学ぶにも費用が高いのが難点でしょうか...
最後に

治安や今回は英語力を向上するというのが第一の目的なので私個人的にはイギリスに行くのでは?
と予想しております。
ちなみに日本では4月から新学期ですが、海外では9月が一般的です。
なので今から十分行き先を考えて結論を出すのでしょう。
海外で活躍する日本人が増えていくといいですね。

英語話せるようになりたい...

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事