2018年サッカーワールドカップの日本代表選手を決める最後の試合30日のガーナ戦でのメンバーが発表されました。
やはり気になるのはガーナ戦のスタメンは誰なのか?どんなフォーメーションなのかという点です。
そして、西野監督がロシアワールドカップで戦うメンバーとして最終的に23人を誰にするのか?という点がみなさんも気になっているんじゃないでしょうか?
私も23人を誰にするのか?自分ならこのメンバーを選ぶ。などサッカー好きの人と集まったら何故か各々が日本代表の監督になっていて熱く議論します(笑)

そんな重要な1戦を前にガーナ戦の背番号が発表されました。
その背番号から落選選手の予想をしてみたいと思います。

この記事の要約
サッカー日本代表のワールドカップメンバーを背番号から大胆予想!

予想に当たり発表された背番号をまずは確認してみましょう。

ガーナ戦の背番号を発表!

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)
12 東口順昭(ガンバ大阪)
23 中村航輔(柏レイソル)

DF
2 遠藤 航(浦和レッズ)
3 昌子 源(鹿島アントラーズ)
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
20 槙野智章(浦和レッズ)
21 酒井高徳(ハンブルク/ドイツ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
24 植田直通(鹿島アントラーズ)

MF
4 本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
7 柴崎 岳(ヘタフェ/スペイン)
8 原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
11 宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
14 乾 貴士(エイバル/スペイン)
16 山口 蛍(セレッソ大阪)
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
18 大島僚太(川崎フロンターレ)
26 三竿健斗(鹿島アントラーズ)
27 井手口陽介(レオネサ/スペイン)

FW
9 岡崎慎司(レスター/イングランド)
13 武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
25 浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

このような結果になりました!
日本代表の10番はやはり香川真司選手が背負うことになりました。
アディダススポンサーが代々10番をつけるという伝統はここでも見られるのでここがスポンサージャパンと言われてしまう所以でもあります。

ちなみに空いている6番は今回怪我の為、招集を見送った青山選手(広島)が付ける予定でした。

個人的には香川真司選手にはここ3ヵ月怪我で試合に出れていませんのでコンディションには?がつきますが、期待はしている選手です。
ただ、ここは番号の若い順に今、西野監督がベストメンバーだと思っている選手に番号を渡してほしかったです。

グッズの売上など考慮すると一概には決められないのでしょうが...

サッカー日本代表の23人は誰になる?

サッカー日本代表の23名
さて、いよいよ今回のテーマである23人は誰になるのか?逆に言うと外れる3名は誰か?という点です。
私が勝手に予想したメンバーは『浅野選手、三竿選手、井手口選手』だと思いました。理由は単純、背番号です。
順当に行くと、背番号の25番、26番、27番が外れる可能性が高いですよね。

実際、ガーナ戦では出場が見送られる可能性が濃厚です。
ただ、最後まで何が起こるかわからないのがスポーツでありサッカーです。

みなさんが記憶に新しい『外れるのはカズ、三浦カズ』というフレーズが出たようにワールドカップは短期決戦です。
そのため少しでもコンディションが良い選手を選ぶのは鉄則!

その点で言えば試合感やコンディションが心配されていた井手口選手は紅白戦でゴールを決めています。
また、考慮しないといけないのがガーナ戦で負傷者が出てくる可能性と、今回の招集選手で念の為という理由で別調整をしていた岡崎選手、乾選手、中村選手がやはり怪我の状態が思わしくなく外れざるをえない可能性だって残されています。

そういった意味では35名に選ばれた予備登録選手にはまだロシア行きのチケットを手にする可能性があるという事です!

発表までお気に入りの選手が選ばれるか祈りながら待ちましょう。私個人的には乾選手はスタメンで起用されて欲しい選手です。

ただ、背番号発表を見て、やはり今回の期待感は薄まったままです。

正直予備登録選手の35名が決まった時に欧州で活躍している若手が選ばれず、試合に出ていない人が数名選ばれた事に対しては「忖度ジャパン」「スポンサージャパン」と呼ばれてしまうのも分からなくは無いです。

だって、期待できないし何より私はもともと日本代表が今大会で決勝トーナメントに進むとは思っていないので(期待はしていますが)見ていてせめてワクワクしてくれるサッカーが見たいんですよね。
(勝ちに行くサッカーならガチガチに守ってカウンターというにわかファンには面白くない展開)

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事