タイガー・ウッズを超えたと世間でも注目のアスリート、
IMAGA世界ジュニア選手権の6歳以下の女子の部で優勝した須藤弥勒ちゃん。
早速ジャンクSPORTSに登場しましたね。

わずか6歳ながら注目を集める少女。そんな弥勒ちゃんを調査しました。

須藤弥勒の読み方は

まず、気になる読み方なんですが「すどうみろく」です。
ジャンクSPORTSでもみろくちゃん。と呼ばれていましたね。

経歴

2017年4月にはアメリカのカリフォルニア週で行われた世界ジュニア選手権と同じコースの退会(6歳以下)で優勝。何故、天才ゴルフ少女と呼ばれているのか。それはあのタイガー・ウッズもなし得なかった5歳での優勝をしたからなんです。
しかもそのスコアがものすごい!2位との大差(5打差)をつけての勝利によって注目を集めました。

そんな弥勒ちゃんが早速TVでも注目を集めることになりましたが
お母さんにも注目がいった方が多いんでは無いでしょうか?

スポンサーリンク

須藤弥勒の母親について

母親は幼少期にフィギュアスケートをされていて現在はピアノの先生のようですね。

運動神経がいいのは母親譲りなのかもしれません。

そんなお母さんですが、英才教育っぷりも半端ありません!
なんと!自宅の隣の敷地600坪を購入して練習場を作り
自宅でもパットの練習ができるよう改造!!
アメリカで有名なプロゴルフの指導者であるオ・ユアン氏を週3でコーチに招くなど
徹底的に子供に投資しております。

ジャンクSPORTSでも披露した目隠しパッド

TVでは目隠しをしながらパッドを披露していましたが、他にも日常的に目隠し特訓を行っているみたいです。アプローチで目隠しして的にあてる。という特訓をしています。
ご本人曰く、「心の目でみているのでむずかしくない」とのこと。
天才は発言も違います。
わたしなんて見えていてもパッドに入れることが難しい。。。

ますますこれからの活躍も気になります。
個人的にはあの顔が日本昔ばなしに出てくる子供みたいでそっちの方ばかり考えてしまいました。

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事