大博多輸入雑貨市
博多区住吉神社で毎年開催されている世界20ヵ国以上の素敵な雑貨と美味しいグルメが一度に楽しめる夢の祭典 『大博多輸入雑貨市』ですが、詳細内容が明らかになりました!

今回の目玉は「最高の大グルメ祭り」!
今回大博多輸入雑貨市では初披露となる各国グルメが大集合しています。主催者によると『最高のランチタイムをみなさまにお届け致します!是非お腹を空かせてご来場ください☆』との事ですので今年もかなり期待できますよね♪

そして前回好評だった「世界”食”紀行」ですが、今回はスリランカ料理。
スリランカ料理ってイメージつきますか?
 
スリランカ料理は場所がインドの南に位置し赤道にも近い国ですが、スリランカの豊富な食材と新鮮な香辛料を多用した、スパイシーな料理が多いようです。

地理的に南インドに隣接し、国民の2割弱がタミル人であることから、南インド料理との共通点も多いとの事。
カレーのようでもあり、私が最近旅行したマレーシアの料理にも似ている感じがします。
美味しそう♪

今回は青空料理教室で、本場の味をゲットしてください!と主催者のお声掛けなのでただ食べるだけでなくレシポも教えてもらえるなんて期待が高まってしまいます!

今年も世界のグルメ&ビールでお腹を満たした後に世界中の雑貨を見て購入して。なんとも楽しいイベントじゃなさそうですか!
博多にいながらプチ海外旅行の気分が味わえてしまいますね♪

そんな住吉神社で行われる博多区住吉神社で毎年開催されている世界20ヵ国以上の素敵な雑貨と美味しいグルメが一度に楽しめる夢の祭典 『大博多輸入雑貨市』の日程、時間、展示商品やグルメ内容、アクセス方法や駐車場をご紹介します。

大博多輸入雑貨市の日程と時間

大博多輸入雑貨市

2018年は5月26日(土)〜5月26日(日)の2日間行われます。

時間は10:00〜18:00となります。

グルメ展でもあるのでランチタイム時間帯は混雑が予想されます。

午前中の早い時間帯や午後16時以降は比較的空いていると予想されますが、
料理教室のある午前と午後の時間帯(午前・午後各1回ずつ)は少し人が増えそうですよね。

大博多輸入雑貨市の商品

今回予定されている輸入雑貨をいくつかピックアップすると
・チェコのホーロー雑貨「SMALTUM」
・チェコの木の雑貨(動物をモチーフにしていて可愛い)
・ドイツのモンスターアート「ZOZOVILLE」
をはじめ「アジア,アフリカ,ヨーロッパ,…世界選りすぐりの素敵な雑貨が集う。との事ですので普段目にした事のない雑貨が見れそうですよね!
特に私はドイツのアーティストの絵画がとっても特徴的で見てみたいです!
Mateo Dineen

画像はMateo Dineenさん公式サイトより

これはほんの一例みたいなので実際に生で見ると雰囲気も違いますよ、きっと。

一体いくらするのかも気になります。

そして、雑貨市は掘り出し物を探し出すのも楽しみの一つですよね〜。今年はどんな掘り出し物が見つかるかワクワクしてきます♪

スポンサーリンク

大博多輸入雑貨市のグルメ内容

私個人的にはこちらのコーナー専属かもしれません(笑)
先程、冒頭でご紹介したスリランカ料理を筆頭に世界のビール🍺🍺🍺
そして料理教室は今回はスリランカ料理を是非ご家庭に!と講師は香椎にあります『アーユルヴェーダダイニングのOsuasiri~オスアシリさんのアン先生』が担当され
「赤レンズ豆のカレー」「GOTUKOLA"(つばくさ)のサラダ」を教えていただきます!
両日午前と午後に1度の2回、開講予定らしいのでご興味のある方は是非足を運んでみては。

他にも告知されているものとして


全然辛くないって言われると余計に試してみたくなりますね〜。
絶対ビールにあう料理です!

大博多輸入雑貨市のアクセス方法と駐車場

アクセス方法ですが、
公共機関を使用される方は博多駅までは地下鉄またはJRを利用してください。
JR博多駅から徒歩15分
JR博多駅から100円バスで「住吉」下車。
バス停から徒歩2分。

博多駅から十分歩ける距離ですがバスが便利で本数もあるのでバスを利用されると良いでしょう。

お車を利用される方は住吉神社の駐車場があるので便利ですが非常に駐車台数に限りがあり当日は入れない可能性も十分に考えられます。そんな時は周辺のコインパーキングがおすすめです。
信号「住吉神社前」周辺や小道に入っていく駐車場は空いています。
絶対に駐車できるコインパーキングとしては信号「住吉小学校」の前にあるタイムズ駐車場がかなり広く満車になることはありませんし、駐車スペースが広く駐めやすいのでおすすめです。

アルコールを飲むご予定の方は必ず公共機関を利用しましょうね♪

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事