元モーニング娘。の吉澤ひとみさんが飲酒運転+信号無視+ひき逃げというトリプルアタックを行い、今後の動向が気になります。

酒気帯び運転での容疑がかかっていますが、刑期や罰則が重くなる可能性もありますし、モーニング娘。時代からファンの方に取っては未だに信じられない事件ですし、ご本人も悔やんでも悔やみきれないでしょう。

仮に吉澤ひとみさんの裁判が行われるとしたら時期はいつになるのか?その裁判が行わる傍聴席の抽選倍率は何倍か予想しました!

この記事の要約
吉澤ひとみさんの裁判が行われるとしたら
裁判の時期は?
裁判の傍聴席の抽選倍率は?
過去の芸能人の事例から予想した!

吉澤ひとみさんの裁判時期

早速、みなさんが気にされているように裁判が行われるとしたら裁判時期はいつになるのでしょうか?
調べてみると一般的には起訴されてから2ヶ月後に裁判が行われるのが多いですね。
言い換えると裁判の準備に2ヶ月くらいかかってしまうということですね。
起訴までですが、逮捕されてから48時間以内に警察から厳しい取り調べが行われます。
そして同じく逮捕されてから72時間以内に検察に身柄を引き渡しが行われ、罰金刑が相当だと判断されたら略式起訴されることがあります。
検察の捜査によって起訴されるか、不起訴とされるかが決まる重要な場面となります。
逮捕されてから23日に以内に起訴か不起訴か決定されます。
つまり9月末には起訴か不起訴か決定し、起訴の場合はその2ヶ月後に裁判なので、早ければ11月末にも、通常の流れなら12月には裁判が行われることになるでしょう。

年内には吉澤ひとみさんに判決がくだされることになりそうですが、幸い!?にもお相手の女子高校生には大きなケガがなく、おそらくお金によって示談成立すると考えられますので、略式起訴の可能性もまだ残っております。

仮に、裁判が行われるとしたら傍聴席の抽選倍率はどのくらいになるのか、それが次になります。

吉澤ひとみさんの傍聴席の抽選倍率

吉澤ひとみさんの裁判が行われるとしたらファンの方は見たくない人、この機会だからと見たい人、単純に有名な人を見てみたいという人様々な思いで傍聴席に座ってみたいという欲にかられ裁判自体には興味ないが吉澤ひとみさんを見てみたいという人が抽選に溢れかえるので傍聴席の倍率が高くなる傾向があります。

ちなみに裁判自体は私達が思っている以上に頻繁に行われており、私自身も一度裁判を経験したことがありますが、普段の裁判なんて傍聴席には人なんてゼロですからね、数名じゃなくてゼロなんです!

裁判自体には興味なくて裁判に出てくる人に皆さん興味があるだけだとよくわかります。
ちなみに後にも紹介しますが、芸能人で最高倍率はのりぴーこと酒井法子さんの初公判時に記録した約330倍です!
最近では清原和博氏での裁判で188倍を記録しています。

実はこの傍聴席を求めて並ぶ人の大半がマスコミからのバイトです!
マスコミが連日報道しているニュースほど倍率が高くなる傾向です。

元モーニング娘。という肩書、吉澤ひとみさんというネームバリュー、そしてマスコミがあまり話題にしていないということからも、ASKA氏の数値を超えることは無いと思いますし集まっても1,000名くらいでしょうか??
そうなると吉澤ひとみさんの傍聴席の倍率は約50倍程度になると予想されるということになります。
それでも多いですけどね。。。

これからどの様に報道されるのか、そして略式起訴で終わるのか気になるところですね。

スポンサーリンク

過去の芸能人・有名人の裁判から傾向を読み解く

ちなみに傍聴券が配られた今までの最高人数はオウム真理教事件の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の初公判時で1万2292人。
この時はさすがに日本中を騒がせた人物だったのでとんでもなく話題になりましたね。
結局裁判の内容を覚えている人はあまりいなのかもしれませんが、ひと目みたいという人、何を発言するのか気になる人が多かった記憶があります。
その次にのりぴーこと酒井法子さんの6615人。
さらに続いて歌手・ASKA氏の2646人となっております。

改めて酒井法子さんがいかに人気だったか分かるエピソードですね。
噂によると酒井法子さんの時は台湾や中国からマスコミも殺到したようです。
わずか20席の傍聴席に対しての6615人ですから、約330倍という倍率でした!

最近では音楽プロデューサー、小室哲哉氏(現在は引退)の裁判に1304人が並び、21.4倍を記録しています。
06年9月に行われたライブドア元社長、堀江貴文氏の公判は2002人が並び32・8倍でしたので世間を揺るがす話題ほどマスコミの注目が集まるので倍率が高くなる傾向がありますね。

吉澤ひとみさんの事件に関してはマスコミが忖度しているのか!?あまり話題にもしていませんし、不思議な感じというか違和感がありますが...
水面下では復帰の準備が進められているのでしょうか??
今後の行方が気になりますね。

この頃が懐かしい

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事